ディフェンセラの成分は季節問わずに乾燥ケア

乾燥肌が敏感肌に移行しないためにディフェンセラ

女性は男性と違って皮脂の分泌が少ない生き物です。

だいたい20代を峠に下り坂になっていくようです。

角質細胞間脂質も天然保湿因子も減っていきます。

乾燥肌、敏感肌には毎日のケアがおすすめです。

口を酸っぱく言われるくらい保湿保湿です。

もう耳にタコが言われるくらい効きましたが保湿保湿です。

そこに角質層の水分を保つためにディフェンセラです。

ディフェンセラで水分を補ってその上から保湿クリーム。

水分が逃げていくのを防ぐことができます。

これからの時期は冷房も乾燥の原因になります。

目元や唇は乾燥しやすいので注意です。

すぐにやばいと思ったらクリームを塗ることです。

ハンドクリーム、ボディクリームは手放せない時期です。

冬よりも夏の方が乾燥つらくてなんていう方もいます。

顔、ボディ、爪、対処する必要ができてきますね。

 

 

お肌が最も乾燥してくる時期が15~16時とも言われています。

口もと、目元鼻の周りがカサカサになってきませんか?

 

春の乾燥にディフェンセラの成分は?

春一番がふくなんてスクールウォーズの言葉です。

今度ピカチュウとスクールウォーズの映画が公開されます。

私の友達はポケモン探しに北海道まで行きました。

昨日はくまげらでお食事したそうです。

 

花粉症の季節でもある春風はお肌の水分を奪います。

4月でも汗ばむくらいの夏日の日もあります。

お花見したら暑かったり寒かったり。

お肌の水分バランスが狂いやすい時期です。

紫外線とも強くなっていきます。

 

ディフェンセラも絡めて保湿はその都度念入りにする必要があります。

 

夏の乾燥にディフェンセラの成分は?

お肌の露出が増えてきて半袖が目立つ時期です。

外はカンカン照りでうだるような暑さです。

高温多湿な郊外に比べて室内はエアコンガンガンで寒いくらいです。

外出すれば汗をかいて水分不足になりやすい時期です。

お肌の保湿と水分補給。ディフエンセラでセラミドを補給するのを忘れずに。

 

 

 

秋の乾燥にディフェンセラの成分は?

焦げちゃったお肌が徐々に戻っていく季節です。

夏の日差しでダメージを受けた角質がぽろぽろ落ちていきます。

入念な角質対策が必要です。

ディフエンセラには角質細胞間脂質の隙間を埋める成分セラミドがふんだんに含まれています。

 

そろそろ急に寒くなったりすることもあるシーズンです。

念入りな乾燥対策をしましょう。

 

 

冬の乾燥にディフェンセラの成分は?

気温も湿度も下がってもっとも乾燥する季節到来です。

基礎代謝も悪くなって皮脂の働きも悪くなります。

暖房をつけると寒い。でもつけたらお肌が乾燥する時期です。

加湿器をつけるなんていう王道パターンです。

そこに乾燥に効果的な成分を含むディフェンセラです。

 

室温湿度も整えてディフェンセラを絡める

ディフェンセラの有効成分に頼りっぱなしになるばかりでなく。

室内環境を整えることも昔からある定石です。

 

お肌の乾燥は環境に敏感肌です。

温度が高いとお肌の水分量が増えます。

温度が低いと角質層の水分量が減ります。

 

人にとって快適な湿度は40~60%と言われています。

お肌にとって快適な湿度は60%だそうです。

 

エアコンの効いた部屋は快適ですが空気が乾燥しがちです。

冷暖房の効いた部屋は屋外よりも10~20%低いことはザラにあります。

 

ディフェンセラだけでお肌の乾燥を防ぐことは難しくなるので加湿器を使いましょう。

また湿度計を用意して湿度をチェックしましょう。

 

 

普段感じている乾燥具合と実際の湿度の違いが分かるはずです。

 

 



日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

乾燥してくると目の周囲にシミやシワ、たるみが生まれたりします。

乾燥しやすい目元、口元のケアにもいい成分がディフェンセラには入っています。

 

粉吹き、カサカサ状態から脱出した成果報告がオンラインにもオフラインにも多く挙がっています。

 

保湿力のあるセラミドが成分のディフェンセラ。

寒い季節も暑くなる春にも夏にも有効な成分がいっぱいですよ。