最近CMで絶賛のディフェンセラをうぷ主がレビュー

日々のお食事とディフェンセラで美しいお肌に

 

CMででずっぱりのディフェンセラをレビューするページです。

お肌以外にもカラダの内側からインナーケアでケアすることは大切です。

体中の栄養は血液に乗って運ばれます。

バランスのよい食事はお肌の状態に密接にかかわっています。

ビタミンB群は皮脂の分泌に大きくかかわっています。

しかし甘いものを食べてしまうと、ビタミンB群はそこにフォーカスします。

ビタミンb以外にもお肌を根底からつくるビタミンA.

緑黄色野菜に含まれるベータカロテンと動物性たんぱく質に含まれるレチノールがあります。

タンパク質、俗にいうコラーゲンです。

ミネラルも必要です。

ひとつたりともかけてはいけません。全部全部必要です。

ディフェンセラだけでなく皮脂のことを考えてお食事の献立を練ってください。

ビタミンB群は甘いものに吸収されやすいので注意してください。

皮脂とディフエンセラのツートップは強力です




日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

昔々皮脂の余分な脂を吸収して治すなんて言う洗顔料のコマーシャルCMがありました。

これまで皮脂はニキビの原因として悪者扱いされてきました。

しかし現実には皮膚にうるおいを保ち、外からの刺激から守るポジションです。

真皮にある皮脂腺から脂がつくられます。

皮脂は暑いと多く出て寒いと少なくなります。

もともと私たちの身体に備わっている天然のクリームが皮脂です。

セラミド、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、皮脂もお肌を形成する重要な選手の一人です。

お肌の状態に合わせて必要な選手は変わってきます。

皮脂だけでディフェンスするのもありです。

皮脂の分泌が弱いところにヒアルロン酸とクリーム塗って。

そこにディフェンセラを絡めるのもありです。

クレンジングは皮脂まで洗い流してしまうこともあります。

そのひの都合に合ったものを選んでください。

せっけんにも含まれる界面活性剤は天敵です。

一般に言われる洗いすぎに注意しましょう。

皮膚の周りはティッシュペーパー一枚程度の厚さしかありません。

大変デリケートな部位です。

 

 

角質層から水分が減ったお肌にディフェンセラ

保湿効果の高いセラミドが含まれた乳液も登場しています。

水分や保湿成分が蒸発するのをガードします。

クリームは肌を乾燥から守ります。

ビタミンAは緑黄色野菜に含まれるベータカロテンと。

動物性たんぱく質に含まれるレチノールにあります。

ビタミンaには今はやりの抗酸化作用があります。

ビタミンa以外にはビタミンc誘導体でおなじみのビタミンCや。

全国規模展開してるスーパーに最近よくおかれているアーモンドミルク。

アーモンドにはビタミンEが豊富です。

あとポリフェノール。

 

これらにディフェンセラを組み合わせると最強です。

お肌美人美男子になれますよ。

 

お肌の表面がカサカサパキパキ。

お肌の水分量が少なくなってくると起きる症状です。

ドライスキンとも言われることもあり。生まれつき乾燥しやすい人もいます。

 

子供のころはアトピーで冬になったら乾燥する人もいます。

 

角質層に水分が30%~20%ない状態が乾燥肌です。

角質層に少なくなった水分を補給することができるディフェンセラ。

お肌から水分を逃がしにくくします。

 

皮脂とセラミドの強力なツートップで。

角質細胞間脂質の隙間のスペースを使います。

 

年齢を重ねたら隙間があいてスペースがでてくる角質細胞間脂質ですが。

ディフェンセラはそのスペースをふさぐよい働きをしますよ。

 

角質細胞間脂質の隙間があいてくると、俗にいう粉吹きがしょうじたりすますが。

ディフェンセラを使うと粉をふかなくなったという事例が。

オフラインでも多く報告されています。

 

 

カラダのかゆみに有効で効果的なディフェンセラ

 



日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

お肌が乾燥してくるとかゆくなって思わず体をかきむしってしまいます。

お肌のバリア機能が低下してる証明です。

保湿をして体質が改善することもありますが。

そこにディフェンセラを絡めるとより効果的です。

 

色素沈着にも効果的なディフェンセラ

紫外線のダメージを受けると目に見えないけれどもお肌の表面は傷ついた状態に。

そこから色素沈着を起こすと数年後シミになることがあります。

これもお肌の乾燥から起こる症例です。

色素沈着にもディフェンセラは対応できます。

 

 

敏感肌にも効果的なディフェンセラ?

お肌の吸い水分や皮脂が不足することによって生じる敏感肌。

赤くなったり、かぶれたり。かゆくなったり。

敏感肌にもディフェンセラを投入してみるのもアリかもしれません。

 

 

くすみにも効果的なディフェンセラ?

お肌の水分量が失われるとハリや透明感が失われます。

お顔の印象が暗くなってマイナスイメージに。

ここにディフェンセラを使ってみるのも一つの手です。

 

ひび割れには効果的なディフェンセラ、多くの事例がオフラインに上がっています




日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

唇やかかと、指先は皮脂が少ない部分です。

保湿のための水分が少ないためガサガサで硬くなりやすい部位です。

ひびまでできて。割れることもあります。

皮脂や水分が少なくなってる為に硬くなっているのです。

弾力が失われています。

この症例ではディフェンセラ投入で劇的に改善された事例が多く報告されています。

 

 

ニキビには効果的なディフェンセラ?

皮脂がさかんに分泌されて毛穴が詰まったのがニキビです。

尋常性ざそうとも呼ばれます。

ニキビにはあまり関係ないディフェンセラかもしれません。

 

しわには効果的なディフェンセラ




日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

角質層の水分量が少なくなると発生するのがしわです。

ディフェンセラは角質細胞間脂質の隙間をセラミドでカバーできます。

ですのでディフェンセラはしわに効果的かも知れませんね。

皮膚にはりがなくなってきて乾燥してくるとシワになります。

早めに対処しておけばしわにはなりません。

お手入れを怠ると元に戻る可能性は低くなります。

なるまえにしておくことをお勧めいたいします。